月別アーカイブ: 2020年7月

「上・中・下」

昔より「金を残すは下、名を残すは中、人を残すは上」という言葉があります。

 

確かにそうだと思います。

 

しかし、私のような凡人は「下」すら難しい。

 

そこで私は考えました。

 

「金を貯めるは下、金を稼ぐは中、金を活かすは上なり」@大田

※この格言はグーグルで検索してもありませんでしたので、令和二年7月27日を持って私の格言とします(^^)

 

どれだけ望んでも、金を残すほどの大金を稼ぐことやまして歴史に名を残すことなどは多くの人には縁が無いことだと思います。人を残すことに対しては、「人を残すとはどういう意味か」という定義がない以上、次回の課題となります。

 

凡人は考えます。

 

確かに、人を残したり、名を残したりすることと比べれば、お金を残すことは一段下かもしれない。一般的に、人や名を残しても争いは起きないが、お金を残すことで争いが起きることはよくある話だからです。

 

しかし、やはり現代においてはお金の価値を無視することはできません。ゆえに、先の格言においても、下とはいえお金を残すという言葉があるわけです。

 

なので、

 

先の格言は「残す」が基準、私の格言は残す前の「金」が基準です。

 

よって、正しい使い方は

 

金を残すが下における順位=(金を貯めるは下、金を稼ぐは中、金を活かすは上)→金を残すが下

 

となります。

 

こうして、人は金を残す下の段階に到達するというわけです。

 

これを「凡人における金に関する一般理論」@大田

 

と名づけます。

 

この話は折を見てまた考えたいと思います。

反省

ご常連様がこうおっしゃったと報告がありました。

「この間大田さんに査定して貰った商品ね。よそのお店にも査定してもらったら大田さんとこの何倍も高かったんだよね。そしたら、そのお店の人に(大田質屋は)『悪徳業者ですね!』って言われた」

 

素直に思いました。

 

反省。

 

まず持って、ご常連のお客様のご期待に全く沿うことができず、他店様までご足労をお掛けした上結果として、他店様のほうが当店よりも何倍も高い査定金額を提示されたという事実は純粋に当店の勉強不足であったということです。

 

このようなことが無いように、この失敗を生かして、機会があればこのお客様にまた喜んで頂ける査定ができるように精進を重ねたいと思います。

 

次の反省は、当店もまた、他店様の批判をしていなかったかということです。

 

先の他店様のご担当者は、自分の査定額が当店の何倍も高かったということを踏まえて、当店を「悪徳業者」と発言されたようです。

 

ということは、当店もまた、逆の立場になったときに、先の他店様のように結果としてではありますが他店様を批判してはいないか?ということです。

 

結果として、お客様がお持ちになったお品物の査定金額に大きな差が出たとして、そのことを持って低い査定金額を提示したお店を『悪徳業者』と判断されるのが当事者であるお客様であるのはいいのですが、

 

当事者ではないお店側が、自社以外のいわばライバル店を『悪徳業者である』と批判することをもまた当事者であるお客様はどのようにお感じになるのだろうか?と思ったのです。

 

基本的に、人は悪口を聞くことに対してよい気分は持たないと思います。

 

ですので、当店は今回の経験から

 

「当店のほうが他店様の査定金額よりも高かった場合においても、それ以外であったも、絶対に他店様を批判することはやるまい」

 

と改めて認識し共有することができました。

 

私たちにとって大切なことは、お客様がどう思われるかであり、他店様の批判はお客様がなされることは自由ですが、

 

少なくとも、私たちが他店様を批判することで、気分を害されるお客様がいらっしゃる可能性もあり、そうであるならば、お客様のご気分を害される行為はやはりしてはいけないと思うに至りました。

 

こういう気づきを与えて下さったお客様と他店様には感謝です。ありがとうございました。

かかり湯に入る人生の先輩

ご縁があって、最近、ある宿に宿泊することが何度かあります。

その大浴場に小さいながらサウナが付いています。

あれは、夕食前のひとっ風呂を浴びに行った時。

先着が2名いたのは全然問題ないのです。

まあ、お一人はかつてミュージックステーションをドタキャンした某ロシアのアイドル2人組みが入っていた方でしたが、実に丁寧にご利用する感じの良いおじ様。

今回、もう一人のお方にスポットを当てて見たいと思います。

 

 

前兆はありました。

 

 

体を洗うためにブースを探すときにチラッと目に入ってしまった不自然な光景。

 

風呂桶に複数枚の色の異なる布切れが入っている。。。

 

明らかに誰かがお風呂で洗濯をされている。

 

風呂には私を入れて3人。

 

ミュージックステーションをドタキャンした某ロシアのアイドル2人組みが入っていた方はお隣で体を洗っておられる。

 

もう一人、おじいさんが水風呂に入っておられる。

 

 

「おじいさんは風呂で洗濯か?」@はだかの中年

 

 

ドンブラコ。どんぶらこ。

 

まあ、いいか。

 

わたしは、その白いシャツが入った風呂桶をちら見しながら、海が広がる露天風呂に向かって己のもう一人の己を海に向かって見せつけながら、お湯につかります。

 

私は、サウナが好きなので、サウナがあると必ず入ります。

 

おじいさんは内湯に浸かっています。

 

返す刀で、再びその白いシャツが入った風呂桶をちら見しながら、サウナへ。

 

10分後、衝撃の光景を目にすることになります。

 

 

サウナをでた瞬間、おじいさんが四角形の石でできた中に体を「きゅっ」とした状態で入っているではありませんか。

 

その形はまさにV字。

 

ヴィクトリー。

 

V字回復。

 

いかんいかん。余計なことを言ってはいけない。これからおいしい夕食とビールが待っているというのに、ここで余計なことを言って気分が悪くなることだけは避けねばならぬ。

 

そう思い、そのまま、何事も無かったことにして、水風呂へ。

 

 

 

 

ぬるい。

 

 

 

そして、何かエノキの頭ぐらいの白い物体が30個程度くらげのように浮いている。

 

目が悪く、メガネをはずしているので入る前までは綺麗な水に見えていたのです。

 

これは何かがおかしい。

 

そう思った私は、予定を30秒以上切り上げ、再び、予定に無かった露天風呂へ。

 

しばらくして中に入るとおじいさんはいません。

 

そして、その白いシャツが入った風呂桶もありません。

 

だれもいなくなったことを確認して、先ほどのおじいさんが入っていた場所にいきます。

 

もしかしたら、何にも書いてなかったかも知れないし、勘違いしたのかもしれないし、本当はそこが水風呂でだったかもしれないし、さっき俺が浸かった水風呂は実は水風呂ではないかもしれないし。

 

 

 

 

「かかり水」

 

 

そこには目の悪い私でも読める大きさで書いてあります。

 

 

「かかり水」

 

 

かかり湯ならぬかかり水。

 

かかり水というのも初めて目にしたのですが、そんなことはどうでもいい。

 

人生の先輩はやはり「かかり水」に入っていたのです。

 

 

じゃあ、あの水風呂に浮いていた白いキノコサイズの物体はなんだ?

 

 

 

「泡・・・泡・・・白いシャツの・・・泡」

 

 

 

そう思って水風呂を見るとすでにキノコはありません。きっと、循環したものと思われます。

 

これは宿の人にいうべきか言わざるべきか。

 

 

 

 

でもなあ、やっぱり宿の人に俺がクレーマーとか気分を害されるとこの後の夕食とビールがなぁ。。。

でもなあ、俺の目が悪いから、もしかしたら洗濯とかはしてないんかもしれんしなぁ。。。

でもなあ、間違いなく「かかり水」に全力でV字で入っていたしなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のぼせる。

 

 

 

 

 

 

そのままおいしいビールを飲んだのでした。

進化する趣味

つい先日、ある特殊ルートより

 

「ブログ見てます!いつ更新するのですか?ブログ見てます!」

 

という、令和一発目のリクエストがあるとの情報を入手いたしました。

 

世の中コロナにより引きこもり需要が増す中、こんな私のブログにさえ需要があるということに素直に驚くと共に、これまで手を抜きに抜いて魂まで抜ける私のブログをお待ちいただいている読者の皆様に置かれましては謹んでお詫びと御礼を申し上げます。

 

これから先もきっときっと「急にブログを連投したかと思えば、いきなり数ヶ月は放置し忘れた頃に更新する」スタイルとなります。
どうぞよろしくお願いします。

 

 

さて、

 

 

私の趣味は「料理」です。
これは私のブログ読者であれば周知のことと存じます。

 

理由はストレス発散できると思うからです。

 

既に本屋や頭の中におおよその完成形が存在し、大よその手順と時間がレシピとして存在し、基本その通りに作ればまあまあ満足のいく料理が完成する。それを喜んでくれる家族がいる。つまり、

 

「誰かの役に立っている」

 

という人間の生きる意味を料理という仕事を通して確認することができるのです。

 

ドラッカー的に言えば「社会が機能するためには、一人ひとりの人間に「位置」と「役割」があって、かつ、そこに存在する権力に「正当性」がなければならない。」という「社会における一般理論@上田」の実現が料理を通じて可能であるわけです。私にとってはですけど。

 

小さな社会である「家庭」の中において、私は料理をする「役割」と「位置」があり、かつ家族に喜んでもらうために料理をしてよいという「正統性」があるのです。こうして、「家族」という小さな社会は機能するわけです。

 

 

うーん、カタイ!

 

 

本業の仕事ではなかなかこのプロセスを含む喜びを感じることがまだ十分にないという意味で
「ストレスフル」な私にとって、料理は言ってみれば「仕事による貢献感の補助」の役割を担っているわけです。

 

そんなストレス発散を目的とした料理ですが最近ストレスがたまっていました。

 

原因は

 

 

「包丁が切れない」

 

 

ことです。

 

仕方がないとは理解していますが、やはり切り続けると切れなくなります。

 

 

「じゃあ研げばよい。」

 

 

しかし、中学校時代に父から研ぎ方を数回教わった程度では砥石を使用した包丁研ぎはできませんので、しかたなくこれまではシャープナーを使用していました。

 

シャープナーを使用するとその瞬間はなんとなく切れ味が戻った気になるのですがすぐにもとのなまくら刀になります。

 

そんな包丁で趣味のネギの小口切りやきゅうりの輪切りをすると、必ず繋がった状態になります。これがストレスなのです。

 

 

 

「もう、もーう、我慢できん!砥石を買う。
買って自力で包丁を研げる男になる!」@ルフィ

 

 

 

そしてと石を購入。

 

近年は動画で包丁研ぎを教えてくれるサイトもありますので何度も何度も見てエアー包丁研ぎをして本番に臨みます。

 

 

結果、上手くいかん。

 

 

10円玉2-3枚を動画の通りにおいて、力加減もその通りに、角度は45度で20回程度を目安に研いだのに。。。

 

コピー用紙が斜めに切れん。
トマトが横からスーと薄い紙のように切れん。

 

補助器具を買う。

 

装着。

 

カエリができた。

 

再挑戦。

 

 

結果。

 

 

「むふぅ」@王騎将軍

 

 

できました。

 

コピー用紙が斜めに切れた。
トマトも未来が見通せるほど薄く切れました。

 

次の段階として、
トンボがその刃先に触れただけで真っ二つに切れたという徳川家康の側近四天王のひとりで本多忠勝所有である伝説の名槍「トンボ切り」のような切れ味を我が包丁に纏わせたいと思います。

 

 

PS:最後に、読者の皆様の声が、最近、酒で意識を無くすようになった43歳の中年親父の脳への刺激となりますので、定期的に刺激を与えて下されば幸いです。