空耳アワー三たび

過去に、某7-11コンビニにて、私のかつ舌の悪さを象徴する出来事をご紹介いたしました。

そのまんまでいいです。再び

1.そのまんまでいいです。→フィリップモリスが出てくる。

2.そのまんまでいいです。→あんまんが出てくる。

 

そして、今回。

 

3回目。

 

レジにて。

 

 

ビニール袋お付けしますか?@コンビニのおねえさん

 

いや、いりません@わたし@中年

・・・あっ 箸をつけて下さい。

 

 

ピ!レジの金額が100円アップ。

 

 

ん?@わたし

 

 

消毒液を手に刷り込んで、トングをもってゴソゴソ、ゴソゴソするおねえさん。

 

 

あ、あのぅ。。。お箸を下さいと言ったのですが。。。@わたし

 

 

えっ!失礼しました。@おねえさん

 

 

いえいえ、ところでつかぬ事をお聞きしますが、何て聞こえたのですか?@わたし

 

 

「ハッシュポテト下さい」@おねえさん

 

 

箸をつけて下さい→ハッシュポテトください

 

かつ舌の悪さここに極まれり。

あと少しなのに・・・日の出町

ここ数年来、田川市が様々なマスメディアに取り上げられております。

 

いいことですね。

 

特に、伊田町周辺が多いように思います。

 

実際、直接ロケをしていたり、TVで伊田周辺が放送されたり、知っている人がでていたり。

 

だけども、だっけっど@よしお

 

大田質屋および日の出町周辺は華麗にスルーなんですよね。

 

 

博多華丸・大吉も

うどんマップのお兄さんも

けん坊田中も

松本人志もパンクブーブーも

バカリズムも小峠も

潮田冷子も

ロンブー敦も中上真子も

前川清も

 

みーんな

 

日の出町を華麗にスルーなんですよね。

 

※勿論、彼らが悪いのではなく、仕事で日の出町に用が無いので行きようがないだけなのですが。

 

 

だけども、だっけっど@よしお

 

 

これまで放送された伊田の町と日の出町の廃れ雰囲気は同じレベルだと思うんですよね。

 

でも何で日の出町は一度もロケにこんのでしょう?

 

別に、私や大田質屋がTVに出たいとか有名人に合いたいとかという気はないのです。

 

そもそも、私は公共の電波に乗って世間様に姿をさらしてはいけないレベルなので無理なんです。写真がそもそもダメですから。ひっそりと死んでいきたいタイプなので。(でも、孤独死はできれば避けたい。)

 

ただ、TV的にはおいしい地域だと思うんですよね。

 

 

「おっ!この先に質屋があるみたいよ。どんな感じでしょうかねぇ?ちょっと行ってみましょうか?」@芸能人

 

 

という流れにはならんのでしょうねぇ。

 

 

まあ、来たところで、弊社のスタッフG2が出る予定なのですが。

 

 

「今から俺が高品質紙でコピーするから、お前悪いけど、印刷するの待ってね。」とお願いしたら元気な声で「はい!わかりました」と言って速攻で自分の書類を俺のセットした高品質紙に印刷したG2。

 

 

TV的には間違いなくうってつけなのは彼です。

 

 

そういうわけで、マスコミニュケーションの皆様、次回また伊田周辺のロケの折には、是非、日の出町周辺も仲間に入れてみてはいかがでしょうか?

 

何もないけど。ね。

もちろん、食べます。

いうまでもなく、我が家はカカア天下です。

 

おかげさまで、私は胸を張って亭主関白になれます。

 

なぜなら、関白の任命権は我が家の天皇陛下(=妻)にあるからです。

 

位は、天皇陛下のほうが関白より上です。(日本史を思い出してください)

 

「白いカラスが飛んでるね♪」と言われれば、

 

 

 

答えは勿論イエス!@真心

 

 

 

このようなわけで、さだまさしの関白宣言を出すまでも無く、世間の亭主関白のイメージとは大きく異なる亭主関白なのが家庭での私です。

 

そんな関係なのでこういうことも起きます。

 

 

夕食中。

 

 

妻が刺身を箸でとったのが目に入りました。

 

 

 

『ぽとっ』

 

 

 

妻の箸から刺身がテーブルの上に落ちました。

 

 

 

(あっ落ちたな。)

 

 

 

私はそう思いました。

 

 

妻は落ちた刺身を再び掴みました。

 

 

 

『ぽとっ』

 

 

 

(あっまた落ちたな。)

 

 

 

横目で見ながらおもむろに酒を飲む私に妻は言いました。

 

 

 

「食べるよね?」@カミサマ

 

 

 

 

「ん?」@わたし

 

 

 

 

「食べるよね?」@カミサマ

 

 

 

 

「はい。。。頂きます。」@わたし

 

 

 

 

こうして二度テーブルに落ちた刺身は私の口に入っていきました。

 

 

 

 

 

また別の日の夕食中。その日は焼肉でした。

 

 

 

妻が焼肉を箸でとったのが目に入りました。

 

 

 

『ぽとっ』

 

 

 

妻の箸から焼肉がテーブルの上に落ちました。

 

 

 

(あっ落ちたな。)

 

 

 

私はそう思いました。

 

 

妻は落ちた焼肉を再び掴みました。

 

 

 

『ぽとっ』

 

 

 

(あっまた落ちたな。)

 

 

 

横目で見ながらおもむろに酒を飲む私に妻は言いました。

 

 

 

「食べるよね?」@カミサマ

 

 

 

 

「ん?」@わたし

 

 

 

 

「食べるよね?」@カミサマ

 

 

 

 

「はい。。。頂きます。」@わたし

 

 

 

こうして二度テーブルに落ちた焼肉は私の口に入っていきました。

 

 

世のご主人の皆様、”亭主関白”になってもならなくても、勝負は始めから決着しています。

 

この現実を受け入れて、また仕事に邁進しましょう。

「上・中・下」

昔より「金を残すは下、名を残すは中、人を残すは上」という言葉があります。

 

確かにそうだと思います。

 

しかし、私のような凡人は「下」すら難しい。

 

そこで私は考えました。

 

「金を貯めるは下、金を稼ぐは中、金を活かすは上なり」@大田

※この格言はグーグルで検索してもありませんでしたので、令和二年7月27日を持って私の格言とします(^^)

 

どれだけ望んでも、金を残すほどの大金を稼ぐことやまして歴史に名を残すことなどは多くの人には縁が無いことだと思います。人を残すことに対しては、「人を残すとはどういう意味か」という定義がない以上、次回の課題となります。

 

凡人は考えます。

 

確かに、人を残したり、名を残したりすることと比べれば、お金を残すことは一段下かもしれない。一般的に、人や名を残しても争いは起きないが、お金を残すことで争いが起きることはよくある話だからです。

 

しかし、やはり現代においてはお金の価値を無視することはできません。ゆえに、先の格言においても、下とはいえお金を残すという言葉があるわけです。

 

なので、

 

先の格言は「残す」が基準、私の格言は残す前の「金」が基準です。

 

よって、正しい使い方は

 

金を残すが下における順位=(金を貯めるは下、金を稼ぐは中、金を活かすは上)→金を残すが下

 

となります。

 

こうして、人は金を残す下の段階に到達するというわけです。

 

これを「凡人における金に関する一般理論」@大田

 

と名づけます。

 

この話は折を見てまた考えたいと思います。

反省

ご常連様がこうおっしゃったと報告がありました。

「この間大田さんに査定して貰った商品ね。よそのお店にも査定してもらったら大田さんとこの何倍も高かったんだよね。そしたら、そのお店の人に(大田質屋は)『悪徳業者ですね!』って言われた」

 

素直に思いました。

 

反省。

 

まず持って、ご常連のお客様のご期待に全く沿うことができず、他店様までご足労をお掛けした上結果として、他店様のほうが当店よりも何倍も高い査定金額を提示されたという事実は純粋に当店の勉強不足であったということです。

 

このようなことが無いように、この失敗を生かして、機会があればこのお客様にまた喜んで頂ける査定ができるように精進を重ねたいと思います。

 

次の反省は、当店もまた、他店様の批判をしていなかったかということです。

 

先の他店様のご担当者は、自分の査定額が当店の何倍も高かったということを踏まえて、当店を「悪徳業者」と発言されたようです。

 

ということは、当店もまた、逆の立場になったときに、先の他店様のように結果としてではありますが他店様を批判してはいないか?ということです。

 

結果として、お客様がお持ちになったお品物の査定金額に大きな差が出たとして、そのことを持って低い査定金額を提示したお店を『悪徳業者』と判断されるのが当事者であるお客様であるのはいいのですが、

 

当事者ではないお店側が、自社以外のいわばライバル店を『悪徳業者である』と批判することをもまた当事者であるお客様はどのようにお感じになるのだろうか?と思ったのです。

 

基本的に、人は悪口を聞くことに対してよい気分は持たないと思います。

 

ですので、当店は今回の経験から

 

「当店のほうが他店様の査定金額よりも高かった場合においても、それ以外であったも、絶対に他店様を批判することはやるまい」

 

と改めて認識し共有することができました。

 

私たちにとって大切なことは、お客様がどう思われるかであり、他店様の批判はお客様がなされることは自由ですが、

 

少なくとも、私たちが他店様を批判することで、気分を害されるお客様がいらっしゃる可能性もあり、そうであるならば、お客様のご気分を害される行為はやはりしてはいけないと思うに至りました。

 

こういう気づきを与えて下さったお客様と他店様には感謝です。ありがとうございました。