月別アーカイブ: 2015年5月

18金は5.000円しません。

最近、ふたたび、お客様から

「18金、いくらですか?」

とのお問い合わせが増えています。

そこで

「本日の18金は3.500円です」※相場は毎日変わります。

とお答えしますと

「え?お宅、安いねぇ。5.000円はあるやろう?」

といわれる方がしばしばいらっしゃいます。

そこで、いろいろ調べたところ、からくりがわかりました。

18金が5.000円あるとおっしゃる方の100%の情報源が

「マスコミ」

であるということでした。※100%という理由は、私が直接理由を聞いたからです。

テレビや新聞で

「金が5.000円に到達しました。」

と流れると、

「えっ!18金が5.000円もするの!」

となっていたわけです。

ここに誤解が生じていたのです。

はっきり言います。

テレビや新聞で報道される金は18金のことではありません。

テレビや新聞で報道される金は24金インゴット価格です。

これを理解するためにあるカンタンな計算をしてみます。

24金は純度が999.9(=約100%)の金です。

18金は純度が75%の金です(18÷24=0.75)

5.000円(24金)×75%=3.750円となります。

いかがでしょうか?

私が18金が3.500円という理由がここにあります。

ということは、逆に、もし、現在18金を1gあたり5.000円で買い取る会社があるならば、世界中の金がその会社に集まるはずです。でも、そんなことはありえません。

とこれまで説明してきたのですが、

個人的にはマスコミの皆様には「金ではなく24金の価格が5.000円に到達しました」と

報道して頂くとこういう誤解も減るのかなと思います。

といいますのも、毎回「お宅安いねぇ」といわれる方に対して

この説明をするのですが、中々ご理解頂けない(勿論、私の説明が悪いのが原因だと思うのですが)ことがあるのです。

あとは、やはりマスコミ報道というのは何かしら鵜呑みにしてはいけないとこういう時に改めて思うのです。

金というと日本人の多くは18金となるようですが、実は24金だという意味で報道されていることに関しては疑問を持たないのです。

このあたりが、冒頭の誤解を生んでいる原因となっています。

最後はすこし脱線しましたが。今回は18金は5.000円ありませんという理由がお伝えできれば幸いです。

何でもモノのせいにする男、大田

先日夜、帰宅するとカミサマ(=妻)から

「ねぇねぇ、ちょっと、ちょっと、ちょっと、あんた、何も言わずにこれに乗ってくれない?」@カミサマ

といわれて乗ったのが体重計。

「わたしがさっき乗ったら、いつもより2kg多いのよ。これ壊れちょーよね?」@カミサマ

というわけで、私も同じ体重計に乗ってみると確かに私の通常体重よりも2kg重く表示されます。

「ほんと。この体重計、前回も初期不良で交換してもらったやつやろ?これも多分不良品やろ。もうこのメーカーーの体重計買いなさんな。明日にでも処分して新しい体重計を買ってきたらいいじゃない」@私

 

次の日。

 

ちょっと外で体重と体脂肪を図る機会があり、差し出された体重計に乗ってみて驚愕の事実を知ることになります。

 

「いや~、昨日我が家の体重計壊れちゃって。通常の体重より2kgも多く表示されるんですよ。夫婦二人とも。あははは~」@私

などと、相手の方と話しながらその体重計に表示された数値が、昨日の我が家の体重計に表示された数値と同じ。

「あははは~・・・・【数値が表示】・・・・・えっ!こっこれはっ!・・・もしや・・・」

 

つまり、我が家の体重計が壊れていたのではなく、私たち夫婦の体重が2kg増えていたということです。

メーカーさん、すみません。あなた方の製造した体重計は正しかった。

こうして、夫婦で運動を始めましたとさ。