未分類」カテゴリーアーカイブ

本当にすこしづつ・・・

かねてより大田質屋は環境整備を行っております。

勿論、傍から見ればただのお掃除です。

でも、その本質は違います。

知っている人の会社の多くは皆様業績が良い。

弊社はそこまでの実力はぜんぜんありません。

しかし、環境整備をしていなかったら業績はあがらないということだけはわかります。

%e7%92%b0%e5%a2%83%e6%95%b4%e5%82%991

スタジオ自作 製作4時間・10万円浮きました。出品数倍以上に増加。でも、本質はそこではありません。

 

 

 

 

 

3

以前はムシがどこからか入ってきて、見た目も悪く綺麗にするのも大変でした。

そこでカバーを外しました。

2

明るくなって、掃除もしやすくなり、何よりムシが一匹もいなくなりました。勿論、床に落ちているとか店中を飛び回っているとかはありません。不思議だ。でも、本質はそこではありません。

見た目上、お客様の目に触れるところはこれまで通りカバーをしておりますがぴかぴかです。

これからも続けていきます。

 

 

 

 

立場

40歳に近づくにつれ「立場」について考えることが多くなった。

社長としての立場。

男としての立場

父親としての立場

保護者としての立場

夫としての立場

お客様としての立場

お店の人としての立場

立場とは実は相手がいて初めてその存在を表す。

社長としての立場は「従業員」「取引先」

男としての立場は「女性」

父親としての立場は「子供」

保護者としての立場は「学校」

夫としての立場は「妻」

お客様としての立場は「お店」

お店の人としての立場は「お客様」

そしてこれら様々な立場に相対するものの要約は「社会」である。

たった一人の人間に対して様々な立場が相手によって肩書きが異なりながら現れる。

これは万民共通の普遍的なことである。誰も「立場」から逃れることはできないのである。

この立場を理解するようになって私は以前に比べてずいぶん「客観」「冷静」を意識し生活するようになった。

感情的になることの無意味さを実感するようになった。

基本的に自分の責任を受け入れる前提で物事を考えるようになった。

よく言えば大人になるとはこういうことではないかと思うようになり、

悪く言えば自分の中に冷めた自分を明確に感じるようになった。

結果として心に余裕が生まれた。

そして立場は権力に通じる。

「立場を利用する」という言葉がある。

だから、「立場」というものは自覚していないと薬にも毒にもなる。

そんなことを最初に意識させてくれた名曲がある。

これをご紹介したいだけである。

 

 

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

大田質屋は本日1/6より通常営業です。

笑う角には福来る。

そういうわけで、年始に家族でいった遊園地でみつけた
メリーゴーランドです。

160104_1432~01

 

馬の上に載る馬。午年でないのが残念。

今年もよろしくお願いします。