今の小学生の一恋愛論

むすこ@小2と風呂に入っている時のこと。

いつもと違う真剣な顔で質問があるといってきた。

 

「ねぇ、愛する人と出会うのは難しいやろ?」むすこ@小学2年生

 

私が息子と同じ時にそのようなことは考えたこともなかったのに。

 

ただ、男として「ピーン!」と来たので

 

「好きな子でもできたか?」親父@39歳

 

というと息子は

 

「・・・ぅむぅー・・・」むすこ@小学2年生

 

という考えるような声とともに、おもむろに手に取った水鉄砲にお湯を込めだして黙ってしまった。

そして、鏡に向かってただひたすら無言でお湯を発射し続けていた。
その背中からは彼の魂の叫びのように湯気が立ち上る。

鏡という名の虚空に水鉄砲をひたすら発射しながら、小学生では到底答えることができない問題に頭を悩ますむすこ。

鏡に映った己の顔にひたすら水鉄砲を打ち込むその姿はまるで滝に打たれながらこの世の真理を追究せんとする修行僧を髣髴とさせる。ちなみに、むすこの頭が坊主なのは必然かはたまた偶然か。

同時に、父親である私は頭の中で息子の質問に対して有効な答えを出そうと考えているうちに
のぼせてしまいそうになった。

 

がんばれ、むすこ。