ばっかじゃなかろうか、ルンバ♪

ある日の買取のことでした。

宝石30点ほどお見積もりして
そのうちの5個をお客様がお引きになりました。

私もその分の金額をマイナスして
合計で約50万円ほどお売り頂きました。

お客様が帰られて、私も久々のウキウキ気分で
伝票を上げていたときに気が付きました。

5万円合わない!

すぐに査定リストを見て気が付きました。

それはお客様が「これは売るのやめます」と言って、私もそれを確認した指輪でした。

完全に私のミスです。お客様は悪くないです。

他の4点には売らなかった印をしているのになぜかその指輪だけ印がない。

私はお客様が売らないといってひかれた指輪の分まで買取処理をしていたのです。

こうしてほぼ完全に利益がぶっ飛んでいきましたとさ。

その日、酒を飲む予定はなかったのですが、飲んでしまいました。半泣きで。

日頃スタッフには

「数が多い時ほど慎重に」と偉そうに言っている自分が恥ずかしくなりました。

「おなたが慎重にせなね。ばっかじゃなかろうか。ルンバ♪@野村監督」

妻に言われました。

すみません。

気を付けます。

そして、それを糧に必ず次の成果へとつなげます。

またあした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です